松本まりかの「首の傷」は何?傷の原因は「首の腫れ」だった?!

松本まりかの「首の傷」は何?傷の原因は「首の腫れ」だった?! 芸能

女優、声優、ナレーターもこなし、今や大人気となっている松本まりかさん。

2020年12月24日放送の「ぐるナイ」に出演された時には、右顎の下が腫れていました。

そして、その後、「首の傷」がうっすらと残り、腫れは消えています。

今回は、松本まりかさんの「首の傷」とその原因について考察してご紹介いたします。


松本まりかさんの「首の腫れ」は何だったの?

2020年12月24日放送の「ぐるナイ」で噂になった、松本まりかさんの首の腫れ画像を見てみましょう。

確かに、噂になっていたように、しっかりと腫れが確認できますね。

ネットでは、甲状腺の病気などを心配する声が上がっていましたが、私個人的な見解では、甲状腺の病気ではないと思いました。

というのも、私自身、顎下腺炎と言う病気に罹ったことがあるのですが、その時に腫れてた位置と同じなのです。

甲状腺疾患の場合、少しくらい左右のどちらかによってても、もっと顎の下中央によっている場所が腫れてくることが多いため、可能性としては甲状腺疾患は低いかなと思います。

松本まりかさんの場合は、腫れている場所が、完全に右顎の下に偏っているため、顎下腺型もしくは、舌下腺型のガマ腫(粘液貯留嚢胞)のどちらかではないかと考えられます。


松本まりかさんの「首の腫れ」はいつからだったの?

現在は、既に腫れがなくなっていますが、「首が腫れていたのはいつ頃からだったのでしょうか。

調査した結果、2020年11月7日~8日に開催されていた、渋谷スクランブルフェスティバル2020のステージイベントに登場されていた時には、腫れが見当たりませんでした。

このことから、おそらく11月上旬頃までは、腫れがなかったことが分かります。

そして、12月24日放送の「ぐるナイ」では、パッと見で分かるほど大きくなっています。

仮に、収録から放送までの期間が同じだった場合、「家事ヤロウ」の収録から、「ぐるナイ」の収録までの約2週間の間に腫れが出たことになります。

これにより、11月末頃に腫れが出現した可能性が高いのではないかと思います。


松本まりかさんの「首の傷」とは?

松本まりかさんの「首の傷」は、これまでに考察してきた「首の腫れ」がなくなった後に、出現しています。

そのため、最も可能性が高いのは、「首の腫れ」の原因となっていたものを、摘出する手術を受けられたからではないでしょうか。

この「首の傷」は、「ABEMA」に出演されている次の動画で、1:18~1:20でハッキリと確認できます。

とはいえ、「首の腫れ」ほど、目立つこともないですし、何より「腫れ」という症状がなくなっているので、安心ですね!!


まとめ

松本まりかさんの「首の傷」は、右顎の下にあります。

その原因は、傷ができる前に出現していた「首の腫れ」を摘出した可能性が高いと思います。

「首の腫れ」自体は、顎下腺や舌下腺などの唾液腺にできるガマ腫(粘液貯留嚢胞)が原因だった可能性が高いのではないでしょうか。

いずれにしても、すでに「腫れ」はなくなっているので、今後は心配する声も少なくなっていくことでしょう。

写真集も出版されていますし、今後ますますの活躍が楽しみですね!!

タイトルとURLをコピーしました