指原莉乃の年収が推定32億円は本当なの?AKB時代との差は?

芸能

元AKB48のメンバーだった指原莉乃さん。

今やバラエティ―番組にも引っ張りだこで、毎日のように、何らかのテレビ番組に出演されています。

このコロナ禍においても、出演される頻度は相変わらず多く、推定32億円ではないかという噂が、今なお出ています。

今回は、そんな指原莉乃さんについて調査しましたので、ご紹介いたします。


指原莉乃さんの推定年収32億円!の噂はどこからきた?

指原莉乃さんは多方面のテレビ番組に出演されており、元アイドルとしては、現在、頭一つリードする形で稼いでる方だと思います。

しかし、例え多くのテレビ番組出演していたとしても、さすがに32億円という金額は、ちょっと難しいのではないかと思います。

では、年収32億円という噂はどこからやってきたのでしょうか?

調べた結果、おそらく2019年5月に放送された、「今夜くらべてみました」という番組内で、テロップ付きで出てきたことが原因しているのではないかというのが分かりました。

https://chie-pctr.c.yimg.jp/dk/iwiz-chie/que-14207819819?w=999&h=999&up=0より転載

私は、実際にこの番組を見ていないため、詳しくは分かりませんが、何らかの形で、指原莉乃さんの年収の話が出て、ネタとして32億円という莫大な金額を口にされたのではないかと思っています。

もし、本当に32億円も年収があれば、凄すぎですね!!


指原莉乃さんのリアルな推定年収は?

では、指原莉乃さんが出演するテレビ番組やCM、プロデュースされているものなどを分けて考えていき、リアルな年収を推定してみたいと思います。

この中で、最も収入が多いものは、一番出演回数も多い、テレビ番組になるでしょう。

どんなに人気が出ていても、芸能界に長年君臨する大物のような存在ではないため、出演料は、番組収録1回に対して50万円前後と言われています。

さすがに毎日出演はされていないと思うので、週5日の出演があったとすると、ひと月20回ですから、テレビ出演だけで月収1000万円前後ではないでしょうか。

CM出演料は2019年のデータで、約2400万円とありましたので、2020年もほぼ変わらずとみて良いでしょう。

プロデュースされているものでは、カラコンブランドの「TOPARDS」が人気で、順調に売り上げを伸ばしているようです。

                

カラコンの場合、プロデュースしたというだけで、後は何をするでもなくマージンが入ってくるため、売れればそのまま利益となります。

2019年時に発売4か月程経った頃、指原莉乃さんご本人が、「取り分は片手%」と証言されており、数千万円単位と言われた過去がありました。

片手%=5%と考えると、4か月の売り上げが8億8000万円あったとされているため、4400万円がプロデュース料としての収入となっています。

これを1年単位で考えると、×3倍、そしてその後の売り上げ増もあるため、ざっくり1億5000万円くらいにはなっていると考えられます。

これらを合わせて考えると、テレビ出演料で1億2000万円程度、CM出演料が2400万円程度、カラコンプロデュース料が1億5000万円程度となり、指原莉乃さんの年収は約3億円ほどになるのではないかと推測できます!

最近では、他にもプロデュースしたり、不動産投資を始めた話もあるため、2020年の年収はもっと多かった可能性の方が高いのではないでしょうか。


指原莉乃さんがAKB48にいた時の年収は?

指原莉乃さんがAKB48に所属していた2016年時では、推定4550万円というデータがありました。

AKB48の第5期生として活躍されていた時代でも、一般人からするとかなりの年収ですが、現在の稼ぎを考えると、1/6にも満たないことになります。

AKB48から女優へと転身された方や、ソロ歌手として活動する方など、卒業生は数多くいますが、指原莉乃さんは、卒業生の中ではダントツの成功者と言えるでしょう。


まとめ

指原莉乃さんの年収が32億円という噂は、「今夜くらべてみました」の一部から出た情報が、独り歩きしたものではないかということが分かりました。

指原莉乃さんの現在の年収は、推定約3億円あり、AKB48時代の4550万円より6倍以上の収入になっていると考えられます。

多方面での活躍が目覚ましく、まだまだ伸びしろのある指原莉乃さんの活躍を2021年も期待しています!!

タイトルとURLをコピーしました