セダンプラスにクラウンが進化!2022年に登場予定!!

ニュース

トヨタのクラウンの販売が終了する可能性があるという事を、先日「トヨタのクラウン、セダンタイプが販売終了?!後継車種は?」の記事で書いていましたが、新情報が出てきましたので、ご紹介いたします。


新型クラウンはセダンプラスに!

これまで続いてきた「クラウン」の名前は、結局残すことが決まったようです。

ただし、セダンタイプの「クラウン」は現行タイプで生産終了となり、後継がセダンプラスという全く新しいコンセプトで作られるとのことです。

昨今のSUV人気を受けて、ついに「クラウン」もSUV気味なデザインに変わらないといけない時代が来たという事ですね。

セダンプラスは、SUVに似た形のセダンということのようで、セダンより背が高く、SUVほどの高さはない、その中間というイメージでしょうか。

セダンプラスのイメージ合成写真


新型クラウン セダンプラスの販売層(ターゲット)は?

これまでの「クラウン」は、主に中年層がターゲットになってきました。

「いつかはクラウン」と言われてきたように、所得の少ない若いうちは、なかなか手の届かない高級車であり続けてきました。

これがセダンプラスとなることで、SUV要素が加わり、ターゲットとなる年齢層は変わるのでしょうか?

私個人としては、SUVでもない新たな選択肢となることで、これまで高級SUVのハリアーなどを購入してきた方々も、購入を考えるようになるのではないかと思います。

セダンのままだと、「クラウン」はオジサンになってから乗るイメージが強かったところ、SUVみたいなら…と思う30代~40代はいると考えます。

20代での購入は難しくても、30代以降であれば、「ちょっと無理してでも欲しくなるセダンプラス」と言われるような車になりそうな気がしています。


新型クラウンとレクサスとのすみ分け

「クラウン」がこれまでのセダンタイプから変更せざるを得なくなった原因の一つが、トヨタの高級ブランド「レクサス」とのすみ分けが難しくなったことが言われています。

セダンとして、トヨタの最高峰と位置付けられていた「クラウン」は、トヨタの高級ブランド「レクサス」と重複してしまっていた感は否めません。

その影響で、「どうせ高級車買うなら、クラウンよりレクサスかな。」という思いから、「クラウン」の販売数低下につながっている部分が少なからずあると思います。

「クラウン」がセダンプラスとして生まれ変わる以上、少なくとも数年の間は、セダンプラスはトヨタのみの新ジャンルとしての販売路線で行くのではないでしょうか。

その販売推移次第では、セダンプラスも「レクサス」での販売が行われるようになるかもしれませんが…。


まとめ

トヨタの「クラウン」が現行モデルの15代目を最後にセダンタイプが終了します。

先日より、後継がどうなるのか、「クラウン」という名称自体がなくなる可能性も心配されてきましたが、セダンプラスという新しいコンセプトのもと、「クラウン」は残ることが決まりました。

SUVよりのセダンというイメージのようで、SUV人気の要素をセダンに取り込んだ形となりそうです。

発売は2022年ということなので、後1年数ヶ月先のことですが、これまでにない発想のセダンプラスなので、今から楽しみですね!!

タイトルとURLをコピーしました