平手友梨奈(てち)がやせすぎの理由はドラゴン桜の役作りのため?

平手友梨奈(てち)がやせすぎの理由はドラゴン桜の役作りのため? 平手友梨奈

平手友梨奈さんは、女優、モデル、歌手、ダンサーなどをマルチにこなされ、現在、大人気となっています!

かつては、女性アイドルグループの欅坂46(現・櫻坂46)のメンバーとして活躍されていましたが、現在は卒業してソロ歌手となっています。

女優としても活躍の場を広げてきており、ちょうどドラマ「ドラゴン桜」にも『岩崎楓』役として出演中ですね!!

しかし、これだけ活躍中ではありますが、「痩せすぎて心配」、「痩せすぎて顔が変わった」との声も上がって世間を騒がせています。

今回は、平手友梨奈さんの『瘦せすぎ』と言われる理由などを調査してみましたので、ご紹介いたします!!


平手友梨奈さんが痩せすぎて顔が変わった?!【画像比較】

平手友梨奈さんが、痩せすぎという声が上がるので、以前と比較してみたいと思います。

平手友梨奈さんは2015年に欅坂46の1期生として加入し、活動を始めているので、芸能界入りしてからは、まだ6年ほどになります。

2015年~2016年頃の平手友梨奈さん

2016年の欅坂46時代の写真になりますが、当時だとまだ14歳くらいでしょうか。

この時点で、昔と今という形で比較されていますが、おそらく12~13歳の芸能界入りした直後と2016年での比較になると思われます。

中学生時代ですので、あどけなさがあり、今と違ってかわいらしい雰囲気ですね!!

この時からすでに体のラインは、かなり細いですが、顔はそこまで痩せている雰囲気はなく、健康的に痩せている感じの印象を受けますね。

2017年~2019年頃の平手友梨奈さん

そして、2019年頃の写真では、現役高校生時代のものとなります。

少しずつ大人びてきて、中学生の頃とは違う可愛さが出てますね!

それでも、顔のラインは少し丸みを帯びており、この時は、痩せすぎているようには感じません。

2020年になってからの平手友梨奈さん

ところが、2020年になってからの写真を見てみると、その顔つきがかなり変化しているのが分かります。

ほぼ同じポーズをしての写真ですが、顎のラインがシャープになっており、かなり痩せてしまわれています。

比較してみると、短期間でこれほどの痩せ方をしていれば、ファンの方たちからすると、心配する声が上がっても当然かもしれません!


2021年ドラマ「ドラゴン桜」出演の平手友梨奈さん

女優として出演している2021年のドラマ「ドラゴン桜」では、2020年時よりさらに痩せたと言われており、心配する声が増えています。

ついには、「痩せた」ではなく、「激痩せ」と言われるほどに…。


平手友梨奈さんの激やせ原因は?ドラゴン桜の役作りのため?

平手友梨奈さんは、2020年から既にファンの方たちから心配されるほどの痩せ傾向にあり、ドラマ「ドラゴン桜」での役作りのために痩せたというわけではなさそうです。

こうしてバドミントンプレーヤーとして、スポーティーな格好をしていると、痩せていても、病的な雰囲気は感じられません。

逆に、欅坂46時代にはケガや体調不良を繰り返しており、笑顔が少なくなっていたという指摘もあり、今の方が『笑顔が増えて良い』という声もあるようです。

ドラマ「ドラゴン桜」の役作りで痩せたわけではないようですが、2020年からの痩せ傾向が2021年になっても、そのまま続いているようで、現在は特に痩せられています。

しかし、欅坂46時代より笑顔が増えたとも言われ、精神的な負担は減っているのかもしれません。

痩せられた原因は、これと言って断定できるものがありませんでしたが、病的な痩せとは違う印象なので、笑顔が増えた分、良いのかもしれませんね。


まとめ

平手友梨奈さんは、デビュー頃と比べると、2020年より痩せ傾向が強くなり、現在は顎のラインがシャープになり、すごくお痩せになっています。

それでも、ファンの間から「笑顔が増えた」と喜んでいる方もおり、メンタル面では欅坂46時代より良いのかもしれません。

ドラマ「ドラゴン桜」の役作りのためというわけではないようです。

健康で元気に活動していただけることが、ファンの方たちの何よりの願いでしょうから、今後も明るく元気に活動してほしいですね!!

【関連記事】
平手友梨奈の舌が割れてる!!スピリットタンなの?

タイトルとURLをコピーしました