「うっせぇわ」の歌い手Adoとは誰?いつから歌手を目指してた?

「うっせぇわ」の歌い手Adoとは誰?いつから歌手を目指してた? 芸能

「うっせぇわ」は、一度耳にすると、しっかり記憶に残ってしまうような、すごくインパクトのある歌ですね!

この「うっせぇわ」を歌っているAdoさんとは、どんな方なのでしょうか?

こんなインパクトのある歌を歌っている女性ボーカリスト、気になりますね!

今回は、Adoさんについて調査してみましたのでご紹介いたします!!


歌い手のAdoさんとは誰?顔写真は?

歌手のAdoさんは、2002年10月24日生まれの現在18歳の女性です。

出身地は東京都となっていますが、本名などは非公表のため分かりませんでした。

2020年に「ユニバーサルミュージック内のVirgin Music」からメジャーデビューしたばかりですが、所属している事務所は「クラウドナイン」となっています。

この「うっせぇわ」が、デビューシングルに当たります。

歌手活動自体は、2016年からされているようですが、ネット配信は2017年になってから始められたようですね。

どちらにしろ、歌手活動を始めてから、メジャーデビューまでの期間がとても短いことに驚きますね!!

そんなAdoさんは2021年3月までは、女子高生ですが、Twitterには、その素顔が公開されていました。

可愛らしい雰囲気があり、あの独特な歌い方と力強い歌声とは、ギャップがありますね!

これだけの大ヒットをしていますから、卒業後の4月からは、より勢力的な音楽活動をされていくんでしょうね!!


歌い手のAdoさんは、いつから歌手を目指してた?

現役高校生の段階で、ここまでの大ヒットを生み出したAdoさんは、いつから歌手を目指していたのでしょうか。

ただ単に、学園祭で歌ってみたというレベルではないので、少なくとも中学生の頃には、歌手になることを意識して練習を積み重ねていたはず…。

なんと、Adoさんは小学生の頃から、既に歌手を目指してありました!!

しかも、ご自身のツイートによると、ピークが「小6」となっていますから、目指していたのは、もっと前になります。

幼いころから、しっかりと自分の進むべき道を考えて行動していたからこその成功ですね!!


「うっせぇわ」のAdoさんの「YouTube」初投稿は?

「YouTube」への初投稿は、2018年8月26日です。

音楽活動が2016年から、ネット配信が2017年から、「YouTube」デビューは2018年と、1年ごとに段階を踏んでからチャレンジされたようです。

初投稿の歌は、「メーベル」という曲でしたが、この時は16歳の高校1年生!!

実際に聞いてみると分かりますが、とても16歳とは思えない歌声と歌唱力です。


Adoさんの2021年3月時点の最新の投稿曲

「うっせぇわ」は、2020年10月23日に「YouTube」に投稿されて以来、もうすぐ再生回数1億回を突破しようかというほどの人気曲です。

もっとも最近では、「ギラギラ」という曲が2021年2月14日に投稿されており、この曲も1ヶ月で約1900万回の再生数があり、「うっせぇわ」に追随して人気が出てきています。

こちらの「ギラギラ」は、「うっせぇわ」のような癖の強い感じがないため、好き嫌いが大きく分かれることなく受け入れてもらいやすい気がしますね。


まとめ

Adoさんは、小学生の頃から歌手を目指し、中学生の頃から歌手活動を始められていました。

そして、現役高校生にして「うっせぇわ」を大ヒットさせ、一躍時の人になりました。

素顔は可愛らしい女の子という印象ですから、その力強い歌声とのギャップがスゴイですね!!

今後の活躍が、楽しみですね!!

関連記事

「うっせぇわ」はなぜ人気?歌詞全文から読み解く「うっせぇわ現象」

タイトルとURLをコピーしました