ユーキャン流行語大賞2020発表!過去の歴代流行語は何だった?

ユーキャン流行語大賞2020のタイトル画像 ニュース

先日の三省堂による新語大賞2020に続き、ユーキャン流行語大賞2020が発表されました。

コロナ関連のノミネートが多いのは同じでしたが、さすがに流行語として、たくさん使われた言葉が選ばれるだけあって、新語大賞と違い、全て知っている言葉でした。

今年1年間の流行語を振り返ると1年が何となくわかるのは、新語大賞を受賞している言葉と同じですが、流行語は特によく耳にしたり、口にしたことがある言葉ばかりですね。

それでは、今年の流行語と過去発表の歴代流行語を振り返ってみます。


ユーキャン流行語大賞2020の結果は?

毎年恒例の流行語大賞の発表です!

今年はコロナ関連の言葉が多すぎて、選考する方々もウンザリだったという逸話も生まれていますが、どのくらいの数がトップ10にランクインしたのでしょうか。

ユーキャン流行語大賞2020結果
年間大賞 3密
トップ10 愛の不時着
トップ10 あつ森(あつまれどうぶつの森)
トップ10 アベノマスク
トップ10 アマビエ
トップ10 オンライン○○
トップ10 鬼滅の刃
トップ10 Go To キャンペーン
トップ10 ソロキャンプ
トップ10 フワちゃん

 

正直言って、トップ10にランクしていて、全くコロナと無関係なのは、「鬼滅の刃」と「フワちゃん」だけなのではないかと思います。

「3密」は当然コロナ対策として、世に広まった言葉ですし、「愛の不時着」も、自粛生活のせいで、自宅でネット配信で見れるビデオや、DVDを見る人が増えた影響のために起きた第4次韓流ブームの代表格です。

それ以外の言葉は全て、コロナの影響から派生して流行った言葉だと思いますね。

「あつ森」も、自粛生活の中、ゲームの面白さや、今までにない自由な発想が受けて、かなりのブームとなりました。自粛生活がなければ、もしかすると流行語にノミネートされるほどにはなっていなかったかもしれません。

「鬼滅の刃」は、言わずと知れた、大ブームのものですので、もはや知らない人がいないほどの言葉となっているでしょう。年間大賞に選ばれなかったのが、不思議なくらいですね。


ユーキャン流行語大賞2020 トップ10以外のノミネートは?

今回、トップ10に選ばれなった言葉でも、かなりの数が聞きなれた言葉でした。

今年の言葉は、トップ10にこそは入れなったものの、世の中への浸透度は、かなり高いものが多かったと思います。

新しい生活様式/ニューノーマル ウーバーイーツ AI超え エッセンシャルワーカー
おうち時間/ステイホーム 顔芸/恩返し カゴパク クラスター
香水 自粛警察 Zoom映え 総合的、俯瞰的
ソーシャルディスタンス テレワーク/ワーケーション 時を戻そう(ぺこぱ) NiziU(ニジュー)
濃厚接触者 BKM(BlackLivesMatter) PCR検査 まぁねぇ~(ぼる塾)

一部、地方に住んでいれば、ほとんど聞いたことがないことばもありましたが、やはり流行語ですね。知っている言葉がほとんどでした!!


ユーキャン流行語大賞の過去に発表された歴代のものは?

2020年の流行語大賞が分かったところで、過去3年分をまとめてみましたので、振り返ってみましょう。

年間大賞を見るだけで、「あ~あれが流行った年だったか!」となりますね!!

2019年は、ラグビーW杯、2018年は冬季オリンピックでカーリング女子が大活躍した年だったんですね。

今では多くの人が使っているインスタグラムも、年間大賞に「インスタ映え」があることから、大流行してきたのは2017年だったことが分かりますね。

2017年 2018年 2019年
年間大賞 インスタ映え 年間大賞 そだねー 年間大賞 ONE TEAM
年間大賞 忖度 トップ10 eスポーツ トップ10 計画運休
トップ10 35億 トップ10 半端ないって トップ10 軽減税率
トップ10 Jアラート トップ10 おっさんずラブ トップ10 スマイリングシンデレラ
トップ10 睡眠負債 トップ10 ご飯論法 トップ10 タピる
トップ10 ひふみん トップ10 災害級の暑さ トップ10 #KuToo
トップ10 フェイクニュース トップ10 スーパーボランティア トップ10 ○○ペイ
トップ10 プレミアムフライデー トップ10 奈良判定 トップ10 免許返納
トップ10 魔の2回生 トップ10 ボーッと生きてんじゃねーよ! トップ10 闇営業
トップ10 ○○ファースト トップ10 #Me Too トップ10 令和

続いて、5年前、10年前、20年前をみて行きます。

2015年 2010年 2000年
年間大賞 爆買い 年間大賞 ゲゲゲの~ 年間大賞 おっはー
年間大賞 トリプルスリー トップ10 いい質問ですねぇ 年間大賞 IT革命
トップ10 アベ政治を許さない トップ10 イクメン 特別賞 最高で金、最低でも金
トップ10 安心して下さい、穿いてますよ。 トップ10 AKB48 トップ10 Qちゃん
トップ10 一億総活躍社会 トップ10 女子会 トップ10 ジコチュー(ジコ虫)
トップ10 エンブレム トップ10 脱小沢 トップ10 十七歳
トップ10 五郎丸(ポーズ) トップ10 食べるラー油 トップ10 パラパラ
トップ10 SEALDs トップ10 ととのいました トップ10 めっちゃ悔し~い
トップ10 ドローン トップ10 ~なう トップ10 ワタシ(私)的には…
トップ10 まいにち、修造! トップ10 無縁社会 トップ10 「官」対「民」

5年前の流行語をみると、中国人観光客が日本に押しよして、大量の品物を買っていた頃だったことが分かりますね。ドローンも5年前から普及してきたんですね~。

10年前では、ツイッターが流行した頃で、AKB48の最盛期だったことも見て取れますね!今年は紅白出場も叶わず、時代の流れを感じさせます。

20年前では、オリンピックで活躍された選手の名言が流行したようですね。年間大賞の「おっはー」は、主に子どもたちの間で大流行していた記憶が残っています。


まとめ

今年の流行語大賞とともに、歴代の流行語を振り返ってみました。

三省堂の新語大賞と、完全に重複する言葉が選出されていないのにもかかわらず、多くの言葉が記憶に残る言葉となり、生活に浸透していっていました。

言葉を振り返るだけで、その年がどんな年だったか、何となく思い出されるのが、面白いですね!

今年はコロナ関連の言葉ばかりになりましたが、来年はコロナ関連の言葉が、全くノミネートされない良い年になって欲しいですね!!

タイトルとURLをコピーしました