「鬼滅の刃」の映画は興行収入300億円突破する?400億円は?

鬼滅の刃

「鬼滅の刃」の映画、無限列車編がついに興行収入200億円を突破しました!

この勢いはどこまで続くのか?「鬼滅の刃」ファンの一人として、今後を予想してみました。


「鬼滅の刃」の記録更新の歴史

10月16日の映画公開以来、既に様々な記録を塗り替えてきました。

公開初日から、上映されるスクリーン数がこれまでに類を見ないほど、多数のスクリーンを使って公開され、1つの映画館で上映される回数が、1日で40回を超えるところが何か所もありました。

興行収入100億円突破までも、わずか10日しかかかっておらず、これまでの最短記録だった「千と千尋の神隠し」より15日も早く100億円に達しました。

個人的には、この記録更新の背景には、コロナの影響がプラスに働いたものだと考えます。コロナのせいで、色々と自粛生活を強いられていたため、「公開される映画くらいは行きたいよね。」という心理が後押ししたものではないでしょうか。

それにしても、これまでの記録を15日も塗り替えるというのは、簡単なことではないので、大記録であることに間違いありません!


「鬼滅の刃」の興行収入予想

「鬼滅の刃」の興行収入は、公開から10日で100億円突破、23日で200億円突破となっています。驚くほど、ペースが落ちていないんです!!

もともと興行収入が200億円を突破する映画というのは、これまでに5作品しかなく、「千と千尋の神隠し」308億円、「タイタニック」262億円、「アナと雪の女王」255億円、「君の名は。」250億3000万円、「ハリーポッターと賢者の石」203億円のみでした。

既に204億円に達している「鬼滅の刃」は、203億円の「ハリーポッターと賢者の石」を抜いて、興行収入ランキング5位に入っています。

これらのデータから予想できることは、ほぼ間違いなく「千と千尋の神隠し」も抜くということでしょう。

大人気映画であれば、公開期間も長くなることが多いため、このまま年末~年始を超えて公開され続けるとすれば、400億円突破の可能性も十分にあるのではないでしょうか。

私自身、実はまだ映画を見に行っておらず、少し落ち着いてから行こうと考えており、ファンではあるものの、混雑を避けて様子見している一人です。

同じような考えで、まだ見に行っていない人も多くいることが考えられますし、1ヶ月くらい経つうちに、「やっぱりもう一回見に行っておこう!」と考える人も出てくるはずです。

そうなると、ペースは落ちるものの、確実に興行収入は伸び続け、400億円を超える日が着てもおかしくはありません。


「鬼滅の刃」のファンの声は?

「鬼滅の刃」の公式ツイッターに反応したファンでは、音柱の宇随天元の絵をケーキに書き上げるという職人技を写真付きで公開されているパティシエのかたもいらっしゃいます。

映画公開前まで、ファンですらなかった方も、映画を見たことがきっかけで、ファンになる方も出てきているようです。

「鬼滅の刃」の映画では、主役のような位置づけとなっている煉獄杏寿郎を、「200億円の男」と表現しているオリコンニュースに反応しているファンもいらっしゃいます。

この勢いであれば、今月中に300億円の男になると思いますが。(笑)


まとめ

興行収入が200億円を突破したことで、さらに話題となり、「鬼滅の刃」の話題をネットニュースで見ない日はありません。

既に最短100億円突破記録も塗り替えられており、現段階でも興行収入ランキングで5位に入る勢いのため、300億円を突破する日もそう遠くないと考えます。

私個人的には、公開期間が長くなれば、400億円突破も夢じゃないとすら考えています。

ファンの中には、記録を塗り替えるために、敢えて複数回見に行く方も出てくる可能性もあると思います。

どこまで記録が伸びるのか?今後も「鬼滅の刃」から目が離せませんね!!

タイトルとURLをコピーしました