ポケカ先行ドローはできる?先行サポート不可になった理由は?

ポケカ先行ドローはできる?先行サポート不可になった理由は? ポケカ

ポケカバトルを行う上で、先行ドローができたなら、序盤は有利に進めることができるでしょう。

現在のルールでは、先行サポートが不可になっているのに、先行ドローはできるのでしょうか?

今回は、先行ドローと先行サポートが不可になった理由を調査しました!

ポケカで先攻ドローはできる?

ポケカバトルをする時、先攻後攻はじゃんけんで決めます。

もし先行ドローができるなら、先攻が有利になりますが、実際できるのかというと…

ポケカでは先行ドローは可能です!!

ポケカ同様、世界的人気を博している遊戯王カードゲームでは、先行ドローはできません。

ポケカで「先行ドローはできるの?」と疑問に思われた方が多いのは、遊戯王で先行ドロー不可となったからでしょう。

サポートカードを使ってのドローは不可

ポケカのルールでは、1回目の先攻のみサポートカードを使用することが出来ません。

したがって、ドローできるサポートカードも使用できないため、サポートカードを使ったドローも先攻1回目だけはできないのです。

ポケモンの特性は使える!

先攻1回目のみサポートカードが使えませんが、ポケモンの特性は1回目からでも使うことができるため、『山札を引く』特性があるカードをデッキに入れていれば、先攻1回目でもドローできる可能性があります。

ポケカのクロバットV

例えば、このクロバットVの特性は、

自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。自分の手札が6枚になるように、山札を引く。この番、すでに別の「ナイトアセット」を使っていたなら、この特性は使えない。

となっているので、先攻1回目にこのクロバットVと、他のたねポケモンがあれば、バトル場とベンチにそれぞれ置くことで、手札は5枚となり1枚はドローすることが可能となります。

先攻サポート不可になった理由は?

2019年11月29日(金)に行われたポケカルールの変更により、先攻プレーヤーは、最初の番にサポートカードを使えなくなりました。

公式サイトでは、ルール変更の告知のみで、なぜルール変更に至ったのかは明かされていません。

そのため、あくまでも推測になるのですが、先行サポートありだと、圧倒的に先行有利となるサポートカードの存在があったからだと考えられます。

サポートカード『シロナ』

現在ではレギュレーション落ちしていますが、先行サポート不可のルールが追加された頃は、サポートカードの『シロナ』が使えていました。

ポケカのシロナ

このカードがあれば、ベンチに出すポケモンがなかったとしても、最低でもバトルポケモンとシロナを引いた5枚のカードを山札に戻し、6枚引くことになり、先攻が有利な状況を作り出すことになっていました。

この『シロナ』の存在が先行サポート不可となった理由の一つだと考えられます。

サポートカード『ジャッジマン』

現在でもレギュレーション落ちせずに使えるカードがある『ジャッジマン』も、先行サポート不可となった理由の一つでしょう。

ポケカのジャッジマン

先攻が最初から『ジャッジマン』を使うと、バトルポケモンやベンチポケモンを出すことなく、相手は4枚のカードからスタートすることになり、極端に不利な状況を作り出すことになっていました。

先攻は7枚スタートだったのに、後攻は4枚スタートって、そりゃあんまりですよね…。

サポートカード『カキ』

既にレギュレーション落ちしていますが、サポートカードの『カキ』は、山札からほのおエネルギーを4枚も自分のポケモンにつけることが出来ました。

通常では、エネルギーは1ターンに1個だけなので、先攻された上、エネルギーを4つも付けられると、後攻は一気に不利になってしまうのは明白です。

この『カキ』も先行サポート不可となった理由の一つだと考えられます。

現在は使えなくなったカードもありますが、サポートカードには先攻だと有利に働くカードが多かったことが、先行サポート不可というルール変更につながったのではないでしょうか。

まとめ

先行ドローは現在のポケカルールでは認められているため、『山札を引く』特性を持ったポケモンを使うことで、先行ドローが可能となります。

先行サポート不可となった理由は、公式サイトでは公表されていません。

そのためあくまでも推測になりますが、サポートカードのいくつかは、先攻の方が有利になるカードの存在があったことが、先行サポート不可の理由だと考えられました。ポケカ先行ドローはできる?先行サポート不可になった理由は?



コメント

タイトルとURLをコピーしました