ポケカのカイリキーVmaxのデッキ作成【2022年版】

ポケカのカイリキーVmaxのデッキ作成【2022年版】 ポケカ

大人気アニメ『ポケットモンスター』がカードゲームとなった、【通称:ポケカ】でカイリキーVmaxを使ったデッキ作成について調べてみました!

ポケカバトルにカイリキーを入れたデッキを作りたい方は是非参考にしてみて下さい!


【ポケカ】カイリキーVmaxのデッキ作成

カイリキーVmaxを使ってデッキを組むためには、当然ですが、まずカイリキーVmaxのポケカを持っていなければなりません。

カイリキーVmaxは2種類

2022年8月2日現在で、カイリキーVmaxのカードは2種類でした。

なぜかポケモンカードゲームトレーナーズウェブサイトでは、RRRの1種類しか掲載されていませんが、実際には虹色に輝くHRのカイリキーVMAXも存在します。

カイリキーVMAX

画像引用:ポケモンカードゲームトレーナーズウェブサイト&トレカ専門店ドラゴンスター公式サイト

しかし、それでもたったの2種類しかないのは、あまり人気のあるポケモンではないからでしょうか…。

もっと種類があると、デザインが違ったり、使えるワザが異なるなどの楽しみ方も出てくるので、ちょっと残念ですね。

カイリキーVmaxのワザは2種類

基本闘基本無色リベンジバスター(80+):自分のベンチポケモンにダメカンがのこっているなら、140ダメージ追加。基本闘基本闘基本無色キョダイシンゲキ(240):次の自分の番、このポケモンは「キョダイシンゲキ」が使えない。

カイリキーVmaxのデッキ作成

カイリキーVMAXの『リベンジバスター』は、ダメカンが残っているなら大ダメージを与えることができる特性を持っています。

しかも、大ダメージを与えることができる割には必要なエネルギーが少ないため、使い方次第では非常にコスパの良いワザなのです。

このデッキは、ポケカ四天王のイトウシンタロウさん考案のデッキになりますが、カイリキーVmaxを活躍させるために組まれています。

カイリキーVMAXとブラッキーVMAXの2種類のポケモンを主軸として戦いますが、『リベンジバスター』を上手く活かすため、ヘルガーの特性『いちげきのほうこう』と組み合わせるのです。

そうすることで、いちげきエネルギーをつけたポケモンにダメカンを乗せやすくなります。

バトル序盤はカイリキーVにエネルギーをつけていき、VMAX進化の準備を進め、カイリキーがVMAX進化して戦うようになれば、ベンチでブラッキーVMAXの準備です。

ブラッキーVMAXは特性『ダークシグナル』があり、相手のベンチポケモンとバトルポケモンを入れ替えることができるので、相手が進化させようとしているポケモンVを狙うのも一つの戦略となります。

デッキコード[9NNPHn-6Kf5f7-ggggPn]画像

このデッキのキーとなるカード①:ディアンシー

ディアンシーが持つ特性『プリンセスカーテン』は、ベンチにいるたねポケモンを守る効果があるため、相手が使う「ボスの指令」の効果も無効化できます。

バトル場に出しておくだけで効果があるので、安全にカイリキーをVMAX進化させるためにも、バトル場に出しておきたいカードです。

このデッキのキーとなるカード②:ヤレユータンV

ヤレユータンVには特性『おとりよせ』があり、自分の山札から「ポケモンのどうぐ」を2枚加えることができます。

まさしく、ドラえもんの『とりよせバッグ』みたいな効果で、超便利な特性です!

この特性を使い、「ふうせん」や「こだわりベルト」、「月と太陽のバッジ」などの道具を手札に加えておくと良いでしょう。

このデッキのキーとなるカード③:ストーン闘エネルギー

カイリキーVMAXのHPは330なので、このストーン闘エネルギーを2枚つけることができれば、200ダメージを与える攻撃でも、2回は耐えれることになります。

対戦相手がどんなデッキなのかによっても大きく戦局が変わりますが、使いどころを見極めれると、ゲームを非常に有利にすることができるカードとなるでしょう。


【ポケカ】カイリキーVmaxの優勝者デッキ

各種大会で優勝したカイリキーVmaxを使用したデッキも参考にしてみましょう。

2022年4月9日(土)のマスターズスクエア店内大会優勝者のデッキ

ポケカ四天王のイトウシンタロウさんとは全く異なるデッキが構築されており、主力はカイリキーに加えてれんげきウーラオスとアルセウスになっています。

アルセウスは非常に有能なカードなので、どんなデッキでも役立ちそうですね!

デッキコード[kvvkfF-F68Kkj-5ffVvk]画像

2022年5月28日(土)のジムバトル優勝者のデッキ

こちらのジムバトル優勝者のデッキでは、カイリキーを活かすために、ルカリオを上手く使うデッキ構成となっています。

四天王のデッキ構成とはかなり異なりますが、ルカリオの特性「たけるとうき」もダメカンを2個乗せることができるので、リベンジバスターを使うための仕組みはほぼ同じでしょう。


まとめ

ポケカバトルでは、デッキの構築次第で戦況が大きく異なるため、しっかりとよく考えた組み合わせが必要です。

しかし、ポケカ四天王のデッキと大会優勝者のデッキは全く異なり、考え方次第で無数の組み合わせができることが、ポケカの大きな魅力となっています。

レッツ、ポケモンバトル!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました