2024年大河ドラマ光る君へのキャストを予想!紫式部はどんな人?

2024年大河ドラマ光る君へのキャストを予想!紫式部はどんな人? CM・映画・ドラマ

2024年の大河ドラマが紫式部が主人公の『光る君へ』に決まり、その主演は吉高由里子さんであることが発表されましたね!

誰もが名前だけは知っている紫式部ではありますが、紫式部がどんな人で、周りにはどんな人物がいるのかご存知でしょうか?

今回は、2024年の大河ドラマが決定した紫式部の人物像とそのキャストを予想してみました!


2024年大河ドラマ『光る君へ』のキャストを予想!

今回、主人公である紫式部を女優の吉高由里子さんが演じることが決定しましたが、その他のキャストは誰になるのでしょうか?

気にはなるものの、まず私自身が紫式部以外の周辺人物を知りませんでしたので、キャストの予想と共に、周辺人物を調べてみました。

『光る君へ』のキャストは誰になる?

紫式部の周辺人物は、藤原一族が大半です。

藤原道長くらいは私も知っていますが、それ以外の藤原氏はほとんど聞き覚えがありません。

しかし、紫式部には聞き覚えのない藤原氏が多く登場するのです。

 

紫式部 吉高由里子
父(藤原為時) 北大路欣也
母(藤原為信の娘) 松雪泰子
兄(藤原惟規) 藤ヶ谷太輔
姉(名前不明) 綾瀬はるか
夫(藤原宣孝) 中村獅童
娘(藤原賢子) 毎田暖乃
一条天皇 尾上松也
中宮・彰子 土屋太鳳
藤原道長 松下洸平
源倫子(藤原道長の妻) 高梨臨
藤原実資 藤木直人
藤原資平 千葉雄大
伊勢大輔 清野菜名

古い時代であるがために、母親や姉の名前は伝わっておらず不明ですが、ドラマでは何らかの名前を付けられるでしょう。

しかし、藤原姓ばかりで、ごちゃごちゃしてしまい誰が誰だか分からなくなってしまいそうですね。

紫式部の周辺人物

紫式部の周辺人物としては、両親・兄弟・夫・娘の家族以外では、天皇や大臣など高貴な地位にある人物が多くいます。

紫式部の家族

紫式部の両親は、父親が藤原為時(ふじわら の ためとき)であることは分かっていますが、母親は藤原為信の娘というだけで、名前が伝わってないため不明です。

兄は藤原惟規(ふじわら の のぶのり)で、姉についても名前が不明となっています。

この時代では、女性の名前を後世に伝えられていないことが多く、母親と姉の名前は分かりません。

紫式部の夫となるのは、親子ほど年の差がある又従兄妹の藤原宣孝(ふじわら の のぶたか)です。

藤原宣孝とは結婚して僅か3年程で死別することになりますが、娘を一人だけは持つことができ、藤原賢子という名前でした。

女性の名前が伝えられないことが多い時代でしたが、娘の名前だけはしっかりと後世まで伝わっており、紫式部の娘に対する愛情を感じますね!

天皇・藤原一族

紫式部は藤原道長の長女・彰子が一条天皇と結婚する際に女房として仕え、その後も数年間は家庭教師のような役目を果たしたとされています。

史実としては不確かな部分が残されていますが、彰子に仕える以前には、藤原道長と結婚した源倫子にも女房(付き人)として仕えていた可能性が指摘されるようになっており、栄華を誇った藤原一族の全盛期と共に過ごしていました。

紫式部自身が藤原氏ではありますが、当時の天皇とも密接にかかわり、あの藤原道長の側にいたことが、『源氏物語』の著者・紫式部の知名度を上げることになったのかもしれません。

藤原実資(ふじわら の さねすけ)は、当時を知る貴重な情報源となっている『小右記』の著者で、その中で紫式部が、実資の養子となった藤原資平(ふじわら の すけひら)と関与した記述があります。

歴史を紐解く中で、貴重な情報を残していた著者親子なだけに、ドラマでも登場することは間違いないでしょう。

伊勢大輔(いせのたいふ/いせのおおすけ)は、百人一首似も登場する歌人で、紫式部と親交のあった人物として知られています。

八重桜と共に「いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな」という句を紫式部の代わりに詠んで、中宮に献上する役割を担ったことがあるだけに、ドラマでも重要な役どころとなりそうです。


紫式部はどんな人?

紫式部は知名度は高いものの、古い時代の人物なだけに生没年がハッキリと分かっていません。

分かっているのは、970年~978年の間に生まれ、1019年以降に亡くなったということだけです。

その上、藤原香子(かおりこ/たかこ/こうし)ではないかという説があるくらいで、正確には分かっておらず、不明なままとなっています。

紫式部は『源氏物語』の作者であるように作家でしたが、百人一首にも詠んだ歌が入っている歌人でもあるという才に恵まれた人物です。

さらに女房として、天皇の奥さんにあたる中宮に仕えた時期が長くあるため、女房として働きつつ、歌や物語を記していたようです。

現代風に言うなら、ダブルワークをしていた状態なので、相当働き者だったのではないでしょうか。

また、中宮に仕えていたことから、天皇からも高い信頼を得る人物であったことは間違いなく、長編物語を書き上げれる根気強さと、真面目な性格であったことが想像できますね!


まとめ

2024年の大河ドラマが紫式部を題材とした『光る君へ』に決定したことから、出演する人物とキャストを予想してみました!

戦国時代のように歴史上の有名人が多く登場することがないだけに、紫式部と藤原道長以外は、ほとんど分からない人ばかりです。

そんな謎が多い大河ドラマなだけに、どんな物語になるのか、誰が演じるのか、今から楽しみですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました