電動キックボードの値段は?おすすめをご紹介!

スポーツ

電動キックボードは、気軽に乗れることから、海外では新たな交通手段として、広がりを見せています。

日本国内において、公道を走るためには、「電動キックボードで公道を走るには?免許はいるの?」の記事で、ご紹介した通り、ナンバー登録を行った電動キックボードで、ヘルメットを着用した上で、原付もしくは自動車免許を所持してないと乗ることはできません。

そこで今回は、電動キックボードの価格を調査し、初心者向きのレジャー用低価格モデルから、公道対応の上位モデルまでご紹介していきます。


電動キックボードの価格は?

まず、電動キックボードに興味が出ても、金額がいくらなのかが分からない事には、買うかどうかを検討することもできませんね。

現在、様々な種類の電動キックボードが販売されており、大人でも遊べるおもちゃのようなキックボードから、原付バイクの小型版のようなものまであります。

おもちゃのようなキックボードでは、電動がないただのキックボードがあり、3000円程度から購入できるようです。しかし、電動でないため意味がありません。

では、電動キックボードの場合は…??

最も安いものでは、12800円で売られているのを確認していますが、低価格帯モデルだと22000円以上が主流のようです。

高いものでは、20万円を優に超える金額のものもあり、最安値の電動キックボードとは20倍以上の価格差があります。

その違いは、バッテリー持ち、登坂力、乗り心地(ショックを吸収してくれるか否か)などになります。


電動キックボードのおすすめは?

電動キックボードの価格に20倍以上の差があるため、当然、初心者には買いやすい低価格のものがいいでしょう。

商品に上がっているレビューを参考にみた結果をもとに、初心者向けの低価格モデルのおすすめをいくつかご紹介します。

全て、2万円台の機種で評価が☆4以上のものになります。

特に22999円で販売されているものは、レビュー数も多く、価格も抑えられているため、コストパフォーマンスが良いと思います。

続いて、価格が5万円以上の上位モデルです。十分な性能を持っていますが、その分、気軽には購入できない金額になっています。


まとめ

電動キックボードの価格では、最も安いもので12800円からあるものの、主流は22000円からでした。

上位モデルには20万円を超える高額な電動キックボードもあり、自転車などと同じように、ものすごい価格差がありました。

初めて電動キックボードに乗る方には、2万円台のものがおすすめで、ここで紹介した3つの電動キックボードは、レビュー評価が☆4以上のものです。

99800円で販売されているものは、公道対応として売られているため、ウインカーとバックミラーを取り付けたうえで、ナンバー登録を行うと、公道も走ることができます。

公道を走ることを目的として選ぶのであれば、ここで紹介したもの以外でも10万円前後のもので、メーカー自体が公道対応を謳っているものを選ぶと良いでしょう。

私有地で免許も不要で自由に楽しむことができるため、新たなレジャーとして、今後は日本国内でも乗る方が増えてくるかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました