鬼滅の刃の先行上映版が放送!!兄弟の絆とは?

鬼滅の刃

週刊少年ジャンプでの連載が終わってもなお、人気が衰えることのない「鬼滅の刃」!!

10月16日には無限列車編の映画が公開されるため、その前に、テレビ放送の第1話~第5話で構成された「兄弟の絆」が10月10日に放送されました。

「鬼滅の刃」ファンの方はもちろん、まだよく知らない方も、この記事を読んで、鬼滅ファンになりましょう!


「鬼滅の刃」のあらすじは?

世の中から侍がいなくなった大正時代を舞台としたお話しです。

主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、鬼によって家族を失ってしまいますが、一人生き残った妹の禰豆子(ねずこ)と生き抜く決意をします。

禰豆子も鬼になっていましたが、炭治郎の妹を思いやる気持ちと、鬼になっても家族を思う気持ちを完全に捨てなかった禰豆子と、鬼を作り出した鬼舞辻無惨を倒すことになります。

そして、キサツ隊と呼ばれる、鬼を倒すための集団に所属し、物語が進んでいくことになります。

今回の「兄弟の絆」では、このような炭治郎と禰豆子の思いやる気持ちがクローズアップされています。

本来、鬼にされてしまうと、人を襲う習性がついてしまうのですが、禰豆子は最初こそ炭治郎へ襲い掛かるものの、それ以降は襲うことはなくなります。

炭治郎が禰豆子を助けたい気持ち、禰豆子が炭治郎を思いやる気持ち、それぞれが描かれていて、すごく引きこまれますよ!!

単純に鬼を倒すということだけでなく、様々な心情が描かれているのは、すごく面白いです!!


「鬼滅の刃」ファンは放送をどう思ってる?

楽しみにしながら、炭治郎をレゴで作成する強者の方までいらっしゃいますね!

https://twitter.com/i5glp/status/1314712997885952000

テレビ欄の背景に「鬼滅」の文字があることを教えてくれるファンの方も!!

とにかく、映画に先駆けて、今夜と来週の2週続けて放送される「鬼滅の刃」スペシャルには、大きな期待を寄せています。


「鬼滅の刃」の兄弟の絆

今回の放送では、物語の初期段階にあたる部分のみになりますが、コミック22巻まで発売されている内容を見ても、炭治郎と禰豆子の絆というものが、常に描かれています。

多くのファンを魅了する一つの要因になっているのが、この「兄弟の絆」だと思います。

人付き合いが希薄になってきている現代社会において、仲間と共に鬼を倒す中、特に兄弟としてお互いを思い助け合う姿は、とても惹かれるものがあります。


まとめ

「鬼滅の刃」が10月16日に上映されるにあたり、今日は「兄弟の絆」が放送されました。これから、毎晩1~2話ずつ深夜枠で放送があり、10月18日(日)の深夜まで毎日続きます。

映画の公開は16日が初日ですから、その日までに、これまでの放送分が終わるわけではありませんが、そこまで見ていれば、大まかな話が繋がるため、映画も楽しめることでしょう。

このコロナ禍での公開となりますが、これだけの大人気アニメに成長しているので、どこまで観客動員数が伸びるのか見ものです。

映画になっている「無限列車編」の中でも、炭治郎と禰豆子の「兄弟の絆」が描かれています。

映画上映日まで、アニメの放送を見て楽しみに待ちましょう!!

タイトルとURLをコピーしました