Butterfly(バタフライ)の『縁起が悪い』はなぜ?

Butterfly(バタフライ)の『縁起が悪い』はなぜ? 芸能

木村カエラさんのButterfly(バタフライ)は、今では結婚式の定番ソングとも言える『縁起の良い』歌ですよね?

ところが、『縁起が悪い』と報道したサイトがあり、木村カエラさんの旦那である永山瑛太さんが「うちの嫁を馬鹿にした奴、許さないぞ」とTwitterに投稿するという事態となりました。

今回は、木村カエラさんのButterflyがなぜ縁起が悪いと言われたのかの謎を紐解いていきます!


木村カエラさんのButterfly(バタフライ)とは?

木村カエラさんが歌う『Butterfly』は、2009年6月1日に配信限定でリリースされた楽曲です。

リクルート社の結婚情報誌『ゼクシィ』のCM曲として起用されていたため、結婚式の定番になりました。

歌詞の中には、『赤い糸でむすばれてく』や『暖かい愛に包まれ』など幸せな歌詞が並んでおり、とても『縁起が良い』曲となっています。


『Butterfly』がなんで『縁起が悪い』と言われるかの理由

とても『縁起が良い』曲であるはずの『Butterfly』が、なぜ『縁起が悪い』と言われるのでしょうか?

答えは2021年11月16日に投稿されている『まいじつ』の記事に原因がありました!

『まいじつ』の記事末コメントに原因が!

記事の概要としては、友人と木村カエラさんの誕生日会を行った際、木村カエラさんは2人の子連れだったものの、夫である永山瑛太さんが参加しておらず、本当は不仲なのではないかと報じているものでした。

夫婦お互いのインスタグラムで円満アピールをしているように見えても、本当は違って、離婚は既定路線ではないかという内容です。

そしてその記事の最後には、

結婚ソングの定番だった『Butterfly』も、今ではすっかりいわくつきの〝縁起が悪い〟歌だ。

という一文で締めくくられている形となっているのです。

どうやらこの一文が、『Butterfly』は『縁起が悪い』と言われだした理由でした!

真実かどうかも分からない情報だけで、一方的に『縁起が悪い』と決めつけてしまうのは、どうなんでしょうね…。

せっかく結婚式の定番となって『縁起の良い』歌なのに、とても残念な言われようです。

夫・永山瑛太さんの反論は?

『まいじつ』の失礼なコメントを受けて、夫である永山瑛太さんは、2021年11月18日のTwitterで、

「うちの嫁を馬鹿にした奴、許さないぞ」

というメッセージと共に、『まいじつ』の記事を添付して反論する投稿をされました!

しかし、残念ながらその投稿は削除されており、現在は確認することはできません。


まとめ

木村カエラさんの『Butterfly』は『縁起の良い』です。

ところが、『まいじつ』の記事に『縁起が悪い』という一文が掲載され、永山瑛太さんがTwitterで反論しました。

その結果、逆に『Butterfly』がなぜ『縁起が悪い』と言われるのかの謎が生まれてしまったようですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました