二階堂ふみの英語力は?なぜペラペラしゃべれるの?【動画あり】

二階堂ふみの英語力は?なぜペラペラしゃべれるの?【動画あり】 芸能

女優の二階堂ふみさんは、英語を話されることをご存じでしょうか?

英語の勉強をされており、独学で話せるようになったという話もあるようです。

テレビ番組に出演されているのを視聴しているだけでは、英語を話されるイメージがない二階堂ふみさんですが、実際にはどうなのでしょうか?

今回は、どのくらい流ちょうな英語なのかや、英語を話せるようになった理由などを調査しましたのでご紹介いたします!


二階堂ふみさんの英語力はどのくらい?

二階堂ふみさんは、テレビ番組内で英語を話される機会がないため、実際にはどの程度英語を話せるのかよく分かりません。

二階堂ふみさんの英語力がすごいと言われだしたのは?

そもそも二階堂ふみさんが英語を話せることが知られたのは、いつからなのでしょうか。

調査の結果分かったのは、どうやら2014年に映画「私の男」で賞を受賞された際に英語でスピーチされたことがきっかけのようでした。

この2014年の「私の男」授賞式の動画は、残念ながら探し出すことができませんでしたが、二階堂ふみさんが話された英語が流ちょうだったと絶賛する声が多くつぶやかれていました。

カタコトなのか、流ちょうなのかで、ある程度の英語力は分かるので、多くの方が絶賛されている時点で、二階堂ふみさんの英語力は高そうな印象ですね。

二階堂ふみさんの英語力が分かる動画

二階堂ふみさんが公の場において英語でスピーチされる機会は、2014年から2年後の2016年にもありました。

2016年6月13日に行われた日本外国特派員協会主催の映画「ふきげんな過去」の会見では、言い直す場面がありつつも、流ちょうな英語を話されています。

英語を話せない私から見ると、途中、言い直す場面があるものの、発音がネイティブに近く、かなり上手な印象です。

確かにこれくらい話せるとなると、流ちょうと言われても不思議ではありませんね!!

ネイティブから見た二階堂ふみさんの英語力は?

YouTubeチャンネルの『KY先輩:アメリカ英語のぐるぐる』では、ネイティブアメリカ人のKY先輩が、二階堂ふみさんの英語力を分析されています。

この結果、二階堂ふみさんの英語力は、ペラペラでも帰国子女レベルではないものの、確実に英語を勉強している『勉強中』レベルであると評価されています。

話せない私からすると、かなりレベル高そうに感じますが、ネイティブの方からすると、まだまだなんですね…。

しかし、勉強を続けることでハリウッド女優として声がかかった時にも、英語で出演できるほど上達する可能性もあるようで、期待できそうです!


二階堂ふみさんはなぜペラペラしゃべれるの?

ネイティブの方からすると、ペラペラレベルではないようですが、話せない方からすると、かなりペラペラに感じる二階堂ふみさんの英語力。

芸能活動が忙しい中で、どうやって習得されたのでしょうか。

高校時代に短期留学していた

二階堂ふみさんは、高校時代に短期間とはいえ、2ヶ月間ニューヨークに留学されていたようです。

英語を話せるようになるには、留学が一番手っ取り早いと言われますが、二階堂ふみさんも短い期間であっても、留学を経験することで、英語力に磨きをかけていたということですね。

独学で努力できる人である

二階堂ふみさんの出身高校は、東京都立八潮高等学校普通科で、偏差値は43程度と言われています。

進学校ではないため、大学へ進学する方の割合はかなり低いと考えられます。

しかし、一浪の末、2014年には慶応義塾大学総合政策学部にAO入試で合格されています。

学力重視の一般入試ではありませんが、それでも超難関大学の慶応ですから、相当な努力が必要だったに違いありません。

英語力に関しても、英会話教室に通ったり、独学で勉強を続けての結果、あれだけしゃべれるようになられたようです。

芸能活動を続けながらの英語学習ですから、本当に感心してしまいます。


まとめ

二階堂ふみさんの英語力は、ネイティブの方からするとペラペラではないようですが、話せない方からするとペラペラレベルで流ちょうな英語でした。

公の場で英語をお話しされる機会は滅多にありませんが、日本人の英語力向上のためにも、努力すればしゃべれることをアピールして、もっと英語でのスピーチを聞きたいですね!!

タイトルとURLをコピーしました