岡本夏美のキスシーンが生々しい!ニビハコでの演技が語り継がれる理由は?

岡本夏美のキスシーンが生々しい!ニビハコでの演技が語り継がれる理由は? 岡本夏美

ファッションモデル、タレントとしても活躍されている女優の岡本夏美さん。

2020年2月9日~3月15日に放送されていたテレビ朝日系のドラマ「鈍色の箱の中で」でのキスシーンが、『生々しい』と語り継がれています。

2021年6月現在で、まだ22歳の岡本夏美さんが、キスをするという体を張った演技を行い、そしてその後も視聴者の記憶に残るものとなりました。

今回は、岡本夏美さんのキスシーンがどんなものだったのかを考察していきます!


岡本夏美さんのキスシーンの生々しさ!

岡本夏美さんのキスシーンが『生々しい』と言われるのは、「鈍色の箱の中で」の番宣SNSが発信された時からでした。

岡本夏美さんのキスシーンは、予告動画の19~20秒と26~27秒付近で使われています。

話題の元となったのは、おそらく19~20秒のところでしょう。

たったの1秒程度の時間ですが、雰囲気からして既に『生々しさ』と『エロさ』が醸し出されていますね!

本編では、さらに『生々しさ』がアップしていて、ドキドキしてきます!!


岡本夏美さんのキスシーンが語り継かれる理由は?

「ニビハコ」には元々、キスシーンの数が多く、ドラマの中で、毎回キスシーンが登場するほどです。

それだけ多いキスシーンがある中で、岡本夏美さんだけ、どうして語り継がれるのでしょうか?

岡本夏美さんの身体を張った感が出ている!

その理由の一つとして、キスシーン意外でも、ベッドシーンが多く採用されており、まだ若いのに体を張ってるなという印象を強く持つからだと考えられます。

番宣用の予告動画でキスシーンが使われて評判となった上、さらにドラマ内でもベッドシーンが多ければ、視聴者からすると、「若い女優さんなのに、すごい!」と思ってしまうからではないでしょうか。

「ニビハコ」の役のために、30㎝もの髪を切った!

岡本夏美さんは、「ニビハコ」で主演を務められたわけではありません。

メインキャラの一人ではあるのですが、主人公の幼馴染としての立ち位置で、主演ではないのです。

しかし、ドラマ内で撮り直しが一切できない髪を切るということにも挑戦し、途中から見た目の雰囲気も変わったことが余計にインパクトを強くしたように思います。

そして30cm以上もの長い髪の毛を、一気に切るというのは、かなり大胆なシーンとなるだけに、ホットペッパービューティーとのコラボCMにも起用されていました。


まとめ

岡本夏美さんは、キスシーンの多かった「ニビハコ」の中でも、『生々しい』と言われるキスシーンがあり、語り継がれています。

きっかけは、番宣の予告動画にそのシーンが使われているからでした。

ドラマ内では30㎝以上の髪を実際に切ったこともあり、体当たりな演技が多かっただけに、岡本夏美さんの印象が強く残るドラマになっているように感じます。

岡本夏美さんは、若くても身体を張れるので、これからの活躍が楽しみな女優さんですね!!

タイトルとURLをコピーしました