深田恭子の書道が特一段?!どこの流派で腕前は?

深田恭子

深田恭子さんの書道の腕前が『特一段』であるとの情報がありますね!

2021年12月24日にランキングーというサイトが、

「書道の「段」を持つ意外な芸能人ランキング」

を発表し、深田恭子さんが2位にランクしたことで注目が集まっています。

今回は、深田恭子さんの書道の腕前と特一段について調査してみました!


深田恭子さんの書道の腕前は?

深田恭子さんの書道は『特一段』とされています。

あまり聞き慣れない段位ですが、特別な意味合いがありそうなだけに、かなり達筆であることが想像できますね!!

実際に、深田恭子さんが書かれた『書』を目にする機会はありませんが、調査の結果、なんと九州にあるウナギ屋さんに『書』が展示されていることが判明しました!!

そのウナギ屋さんは、宮崎市にある『うなぎ処 鰻楽』です!!

『うなぎ処 鰻楽』店舗情報
席数    70席
駐車場   43台
住所 : 宮崎県宮崎市塩路2300番地
電話 : 0985-65-6600(レストラン直通)

なぜ地方都市である宮崎市のウナギ屋さんに深田恭子さんの『書』があるのかの理由は分かりませんが、立派な『書』が額縁に入れて飾ってあるようです。

この『書』を見る限り、かなりお上手であることが分かりますね!!

美味しい鰻を食べれた上に、滅多に見れない貴重な深田恭子さんの直筆の『書』まで見れるなんて、贅沢ですね~♪


深田恭子さんの特一段って何?どこの流派?

深田恭子さんの腕前は分かりましたが、聞き慣れない『特一段』とはどういう段位なのでしょうか?

書道は各書道団体・書道教室によって段位のつけ方が異なります。

しかし、多くの場合、級は十級に始まり一級まであり、級位では数字が減っていく昇級方式で、一級の次は段に変わり、(準)初段~十段という流れで、段になると数字が増えていく昇段方式が一般的です。

そして、最高位を十段としているか、その次には師範としている団体がほとんどのようです。

深田恭子さんの『特一段』は、一般的な最高段位である十段の次に設けられた段位という説が有力ですが、どこの流派かまでは分かりませんでした


まとめ

深田恭子さんの書道の腕前は『特一段』で、十段の上の段位である可能性が高いです。

宮崎市のウナギ屋さん『鰻楽』には、深田恭子さんが書かれた『書』が展示してあるため、実際に見ることができます。

鰻を食べに行く次いでに見れるなんてラッキーですね♪

いや、深田恭子さんの『書』を見たいがために、鰻を食べに行く方もいるかもしれませんね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました