前田敦子の離婚原因は何?勝地涼との子供はどうなる?

前田敦子の離婚原因は何?勝地涼との子供はどうなる? 芸能

元AKB48のセンターを務めていた歌手で女優の前田敦子さんが、このほど離婚を発表されました。

結婚生活は3年にも満たず、離婚となってしまいましたが、原因は何だったのでしょうか。

今回は、前田敦子さんと元旦那の勝地涼さんとの離婚原因などを調査しましたので、ご紹介いたします!


前田敦子さんと勝地涼さんの離婚原因は何?

前田敦子さんと元旦那(夫)の勝地涼さんは、2018年7月30日にご結婚されていました。

そして2021年4月23日に、前田敦子さんご自身のインスタグラム(Instagram)にて、離婚されたことを発表されました。

私事ですが、私、前田敦子は、勝地涼さんと何度も話し合いを重ね、過日、離婚届けを提出したことをご報告いたします。
3年間の結婚生活において生活スタイルや価値観の違いで、少しずつ、お互いの歩幅や方向が変わり、別々の道を歩くことになりました。

夫婦ではなくなりましたが、一人息子にとっては永遠に父親であり、母親でありますので、今後も力を合わせて育てていきます。
これまでの経験を生かしこれからの前田敦子も役者業を精進して参りますので、勝地涼さんともども、よろしくお願いいたします。

前田敦子

前田敦子さんの公式インスタグラムより引用

インスタグラムには、写真も手書きの文書もなく、ただ文字だけが羅列された文章で投稿されていました。

多くの芸能人がインスタグラムなどで発表をする時は、手書き文書の写真を添えることが多いだけに、前田敦子さんの発表は少しそっけないように感じてしまいますね。

この離婚発表の内容からは、生活スタイルや価値観の違いがより大きくズレたことが原因であるように書かれています。

しかし、離婚原因はそれだけではなく、別にあるようです。

勝地涼さんによる前田敦子さんへの『DV疑惑』

2019年春頃、前田敦子さんは、移動の際は車椅子を用いないといけないほどの重傷を負っていました。

当初は、「家事の最中に足の靱帯を痛めてしまった」と言われていたそうですが、実は勝地涼さんがケガの原因だったのではないかとされています。

そのけがは、実は勝地さんが原因だったんです。夫婦げんかがエスカレートして、勝地さんが前田さんを突き飛ばす形になった。彼女は転んでしまい、骨折したというのが真相のようです。

ニュースポストセブンより引用

この報道が真実だとするなら、突き飛ばしてしまった勝地涼さんに非があるように思います。

普段から暴力を振るわれていたということではないので、「DV」は言い過ぎでしょうね。

しかし、夫婦げんかは、どこの夫婦でもよくあることだと思いますが、どんなに腹が立っても手を出すことは絶対許されません。

お互いの言い分はあるかと思いますが、そこはぐっと我慢して欲しかったですね。

『束縛が強い前田敦子さん』と『育児に非協力的な勝地涼さん』

夫婦げんかは、それぞれの想いや、考えにズレがあるために起こります。

前田敦子さんと勝地涼さんのお二人は、このズレが大きかったようです。

前田敦子さんは、勝地涼さんがプライベートな時間を過ごす場合、飲みに行くにも、ジムに行くにも数週間前から許可が必要だったと言われるほど束縛が強かったと言います。

現在のように自粛生活を強いられなかった頃は、突然飲み会になることなど、よくあることのような気がするだけに、男性としては窮屈に思われていた可能性が高いですね。

それに対して、勝地涼さんは育児に協力的でなく、前田敦子さんは、いわゆる『ワンオペ育児』になっていたようです。

仕事でも買い物でも、前田敦子さんの帰りが予定より遅いと度々電話をかけてくるほど、短気な一面もあったとも言われています。

前田敦子さんの両親と同じマンション住まいじゃなくなったことも原因?

ご結婚当初は、前田敦子さんが出産後も仕事がしやすいようにとの意向で、前田敦子さんのご両親が住むマンションにお住まいだったようです。

子育てを一人で行うのは、ただでさえ大変な上、仕事もしないといけないとなると、誰かの支援無くしては困難を極めます。

それだけに、前田敦子さんにとっては、両親と同じマンションに住めるというのは、相当安心感があったことでしょう。

ところが、出産から約1年後の2020年春にお引越しをされたようです。

「女優業を続けながら育児ができるように、2人は前田さんの両親が住むマンションの別の部屋に新居を構えたんです。そこまではよかったのですが’20年の春、両親の住むマンションを離れてから関係が悪化。育児に消極的だった勝地さんに前田さんは不満を募らせ、怒りをぶつける日々だったといいます。勝地さんも耐え切れなくなり、仕事場として借りていた別のマンションで暮らし始めました」

週刊女性「PRIME」より引用

当初の考えでは、両親の子育て支援が必要と考えて、両親と同じマンション住まいだったはずなのですが、1年ほどで引っ越しをされたところが気になります。

両親と同じマンションであれば、最大のメリットとして、何かあったらすぐに来てもらえます。

しかし、干渉され過ぎる可能性が高いというデメリットもあります。

私個人的な予想になりますが、引っ越しの裏には、前田敦子さんの両親が子育てに介入してくることを、勝地涼さんは快く思わない部分があったのではないでしょうか。

そして、両親からの支援を受けれない別の場所に引っ越したにもかかわらず、勝地涼さんが育児に非協力的なままだったことが、前田敦子さんの不満を募らせたのではないかと推測しています。


子供(2歳の長男)はどうなるの?

前田敦子さんと勝地涼さんの間には、2021年3月で2歳になった男の子がいらっしゃいます。

2歳になった男の子であることは分かっていますが、名前、写真とも非公表です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

勝地涼(@ryo.katsuji.official)がシェアした投稿

今回の離婚によって、この長男は、どちらかに引き取られる形になります。

勝地涼さんが育児に非協力的であったことから、親権は前田敦子さんが持つことが有力視されています

「今のあっちゃんは“自分がこんなに子どもに夢中になるとは思ってなかった”とか“今は自分よりも子どもが褒められるほうがうれしい”などと、お子さんの話ばかり。あっちゃんのお父さんもお孫さんにメロメロみたいで、子育てのサポート体制も万全のようです」

週刊女性「PRIME」より引用

前田敦子さんの知人の話によれば、やはり子育てに関しては、母親である前田敦子さんと、そのご両親のサポートを受けながら行われそうです。

一方で、離婚発表をされた文章に書かれていたように、離婚はするものの、「一人息子にとっては永遠に父親」であることを理解されているため、絶縁離婚となる訳でもなさそうです。

離婚することで逆にうまくいくケースもあるため、今後は子どものために協力し合える元夫婦となって欲しいですね!


まとめ

前田敦子さんは、この度、勝地涼さんと離婚されました。

その原因は、生活スタイルや価値観のズレによるところが大きいようです。

しかし、束縛が強すぎたり、育児に非協力的だったりと、お互いに不満が募った結果であるとも言えそうです。

今後は、別々の道を進まれることになりますが、子供を悲しませることの無いような関係でいてくれることを願うばかりです。

タイトルとURLをコピーしました