松山英樹の年収推移はマスターズ優勝でどう変化する?賞金額がヤバイ!

松山英樹の年収推移はマスターズ優勝でどう変化する?賞金額がヤバイ! スポーツ

松山英樹選手が、2021年4月12日にマスターズで優勝されました!!

日本人初の歴史的快挙に日本中が湧きましたね!!

このマスターズ優勝で、松山英樹選手の年収にも大きな変化がありそうです。

今回は、日本人初のマスターズ優勝を成し遂げた松山英樹選手についてご紹介いたします!


松山英樹選手のこれまでの年収は?

松山英樹選手は2013年4月2日にプロ転向を表明しているため、年収としては2013年は4月以降からの金額になります。

2021年は、マスターズ優勝金額を含む、2021年4月12日現在の年収予想金額となっています。

松山英樹選手の年収推移グラフ(2021年は4月12日時点)

2013年 2億円
2014年 4億1900万円
2015年 4億円
2016年 9億5000万円
2017年 9億1000万円
2018年 2億5000万円
2019年 3億6000万円
2020年 3億9000万円
2021年(4月12日時点) 4億9000万円

グラフと表にしてみてみると、その推移がよく分かりますね!

2016年と2017年は9億円を突破しており、この2年は突出して高額でした!!

9億円って…ロト7が2年連続で当選したようなものですから、とんでもない金額を稼がれてますよね。

プロとなって稼いだ金額は、現時点で推定43億6900万円となり、もはや想像が追いつかないほどの金額になっています。

マスターズ優勝を果たした今年は、現時点で5億円近い金額を稼いでいることから、今年は10億円を突破する可能性も十分にありますね!


松山英樹選手の年収に加味される企業との契約料

プロゴルファーにとっては、大会での賞金が収入の大部分を占めることになりますが、有名プロゴルファーともなると、スポンサーとの契約料も大きな収入源となります。

松山英樹選手が現在結んでいるスポンサーは、①「ロレックス」、②「野村ホールディングス」、③「全日空」、➃「indeed(インディード」)の4社となっています。

それ以外にも、アイウェアの用具使用契約を⑤「オークリージャパン」と締結していたり、クラブやウェアなどの総合契約を⑥「ダンロップ」と結んでいます。

⑦「ファイテン」とはアドバイザリー契約、⑧「興和」とはパフォーマンスサポート契約、⑨「西川産業」とはパフォーマンス契約を結んでいる形となっています。

そして、⑩「レクサス」とは現在5年間の所属契約を結んでいますが、今年が5年目となります。

今回のマスターズ優勝も後押しすることで、契約延長はほぼ確実になるのではないでしょうか。

松山英樹選手は、2021年現在では10社と契約をしている状態で、そのスポンサー契約料は推定30億円以上と言われています。

今回の「マスターズ」のように海外での大会出場も多い、プロゴルファーにとっては、移動費がかなり負担となるはずですが、松山英樹選手の場合、「全日空」がスポンサーとなっているため、国内外の大会にはかなりアシストしてもらえそうですね!

ゴルフプレーに関する道具一式もスポンサーからの提供で済みますし、寝具に関してもスポンサーがついているため、松山英樹選手の場合、生活のほぼ全てがサポートされている印象ですね!


松山英樹選手のマスターズ2021優勝賞金がヤバイ!!

ゴルフをしない人でも名前くらいは聞いたことがある「マスターズ」。

この「マスターズ」で優勝することが如何に困難であるかは、これまでの日本人選手の挑戦の歴史が物語っています。

今回、この「マスターズ」に優勝したことで手にした金額はいくらだったのでしょうか?

2021年における「マスターズ」優勝賞金はなんと2億2770万円でした!!

2013年と2018年の年収とほぼ変わらない額を、この大会1回の優勝で手にされています。

プロ野球選手で、かなり活躍している選手の年棒が「マスターズ」大会賞金と考えると、これがどれほどとんでもない金額かが分かりますね。


まとめ

2021年の「マスターズ」で、松山英樹選手が日本人初の歴史的快挙を成し遂げたことで、暗いニュースばかりの日本に、明るい話題を届けてくれました!

松山英樹選手の年収は常に2億円以上で推移していましたが、「マスターズ」優勝賞金は、その時の年収とほとんど変わらないほどの、驚くべき賞金額でした。

「マスターズ」でも優勝された今年は、調子もすごく良いことが予想できるので、初の年収10億円突破にも期待がかかります。

今後も注目していきたいですね!!

タイトルとURLをコピーしました