夜に見える虹(月虹:げっこう)ムーンレインボーは日本でも見れる?

夜に見える虹(月虹:げっこう)ムーンレインボーは日本でも見れる? 生活・知識

2021年3月17日(水)放送の「東大王」で、夜に見える虹(月虹、ムーンレインボー、ナイトレインボー)が紹介されています。

虹は通常、雨などの水滴が太陽の光を反射して起こる現象ですので、日中しか見ることができません。

ところが、世の中には夜に見える虹が発生する場所がありました!!

今回は、テレビでも紹介されるほど珍しい、夜に見える虹、ムーンレインボーについて紹介いたします!


夜に見える虹(月虹・ムーンレインボー・ナイトレインボー)が見れる場所は?

夜に見える虹である月虹は、ハワイのマウイ島が一番有名です。

マウイ島が見れる頻度が高く、ネット上でも画像として挙がってくるものは、マウイ島で撮影されたものが多いようです。

世界では、それ以外にも大きな滝がある場所で見られるという報告があります。

南米のイグアスの滝、北米のヨセミテの滝、南部アフリカのヴィクトリアの滝では、満月の時に滝しぶきにかかる月虹がみられる。

ウェキペディアより引用

夜に虹が見れるなんて、すごく幻想的ですよね!!


夜に見える虹(月虹・ムーンレインボー・ナイトレインボー)は日本で見れる?

日本でも、観測されたという報告があるのは、沖縄県の石垣島、岡山県井原市、群馬県吾妻郡高山村です。

2016年10月には石垣島にある天文台が、月虹の撮影に成功しており、画像が公開されていました。

日本国内でも見れることはあるようですが、実際に見れる機会に出会えるのは、かなり稀のようですね。

マウイ島では、「これを見た者には幸せが訪れる」と言われるだけあって、なかなか見れない現象の上、幻想的な夜の虹なので納得ですね!


月虹を確実に見る方法!

自然現象として見ることは、場所とタイミングという条件がそろわない限り無理なので、こうすれば見れるというものはありません。

しかし、日本でも確実に見る方法がありました!!

ただし、少しだけ残念なことに自然現象ではなく、プラネタリウムで見ることになります。

プラネタリウムでも、間違いなく感動しそうです!


まとめ

「夜に見える虹」は月虹やムーンレインボー、ナイトレインボーとも呼ばれるもので、珍しい自然現象でした。

原理は太陽の光か月の光かの違いだけでした。

日本で見るには、かなりハードルが高く、観測するのは難しそうですが、東京スカイツリータウン内のプラネタリウムで見ることができるので、是非見に行きたいですね!!

タイトルとURLをコピーしました