ハラミちゃんのてっぺん(TEPPEN)ピアノ演奏がヤバイ!出身大学も判明!!

ハラミちゃんのてっぺん(TEPPEN)ピアノ演奏がヤバイ!出身大学も判明!! ハラミちゃん

芸能人が特技を競い合う番組として知られるTEPPEN(てっぺん)は、様々な種目が放送されてきましたが、2020年にはyoutuberから「ハラミちゃん」が参戦したピアノ種目がありました。

そして、初出場ながら、圧倒的パフォーマンスでいきなり優勝するという快挙を成し遂げました。

2021年1月30日には、ハラミちゃんの2連覇をかけたTEPPEN(てっぺん)が放送されましたね。

今回は、このTEPPEN(てっぺん)に出場し、優勝しているハラミちゃんについて調査しましたので、ご紹介いたします!


ハラミちゃんのピアノはyoutuberとして有名に!

もともと、ハラミちゃんは一般人だったため、大学卒業後、企業に就職していました。

しかし、数ヶ月のうちに体調を崩し、引きこもり状態となり、休職を余儀なくされていたようです。

休職中にyotuberとして活動を開始されたようで、登録が2020年2月23日。初めての投稿は、2019年3月3日になっています。

これだけ有名になっているハラミちゃんでも、チャンネル内の動画で一番下まで行かないと辿り着かないためか、再生回数がまだ6万回しかないのは意外です。

そして、ブレイクするきっかけになったのは、ハラミちゃんの体調を心配した職場の先輩が、近年、都市部で流行っているストリートピアノに誘ったことから始まります。

当時、映画「君の名は」のテーマソングとして有名になっていた「前前前世」を、東京都庁内にあるストリートピアノで弾いた動画で人気に火が付くことになります。

TEPPEN(てっぺん)に出演されている時もそうですが、ハラミちゃん、ミスというミスしないんですよね…。

もしかしたら、少しくらいされているのかもしれませんが、素人には全く分からないレベルなので、とにかくすごいとしか言えません。


ハラミちゃんのTEPPEN(てっぺん)出場の影響

youtuberとして人気が出たハラミちゃんですが、チャンネル登録者数は人気youtuberの一つの目安である100万人には程遠い数でした。

TEPPEN(てっぺん)への出場報告をされている動画の投稿日である9月13日時点では、直前の9月10日に60万人突破の感謝Live動画が投稿されており、ようやく60万人を突破したばかりだったことが分かります。

さらに50万人突破は6月27日になっているため、50万人から60万人へと10万人増えるまでに2ヶ月半かかっていることが分かります。

ところが、TEPPEN(てっぺん)放送後の10月4日で70万人突破、10月29日で80万人突破、11月15日には100万人突破と、わずか2ヶ月で40万人も増えているのです。

ネット全盛の現代ですが、やはりまだまだテレビの影響は大きいですね!

そして、2021年2月2日現在のチャンネル登録者数は135万人を突破しており、TEPPEN(てっぺん)出場2回目の今回の影響から、さらに登録者数が伸びるのではないでしょうか。


ハラミちゃんの出身大学が判明!!

youtuberとして人気を博し、TEPPEN(てっぺん)でも2連覇を達成したハラミちゃんですが、ここまでのピアノのレベルになるためには相当な努力があったと思います。

そして、どんなところで学んできたのかが気になりますね!

2020年の12月7日に、ラジオ番組『武部聡志SESSIONS』で、武部聡志さんが、ハラミちゃんが大学の後輩だったと話していたことで、ハラミちゃんの出身大学が国立音楽大学である事が判明!

https://moet-678.com/archives/4171より転載

これにより、国立音楽大学出身であることが分かりました!

よく間違えられるのですが、国立音楽大学は「クニタチ」と読み、「こくりつ」ではありません。

漢字表記だとややこしいのですが、私立の大学になります。

音楽大学のピアノ専攻のレベルとしては、ベスト5に入る難易度のようで、とても優秀な大学であることが分かります。


まとめ

youtuberのハラミちゃんは、企業に就職した後、休職中にyoutuberデビューしていました。

TEPPEN(てっぺん)に出演されたことにより、チャンネル登録者数は一気に増え、人気もうなぎのぼりとなっています。

現在は135万人の登録者数を超え、TEPPEN(てっぺん)でも2連覇したことでさらに増え続けることは、想像に難くありません。

これからも、どんどん素晴らしい演奏を披露していって欲しいですね!!

タイトルとURLをコピーしました