伊藤匠三段、三段最後のリーグ戦終わる!

ニュース

伊藤匠三段が参加していた三段リーグが終わりました。

先日、最年少四段への昇段を決めて、波に乗っている伊藤匠三段が、参加していた最後の三段リーグ戦が終わりました。その結果と他の棋士たちの情報を紹介します。


伊藤匠三段の結果は?

今回の三段リーグ戦での最終結果は、15勝3敗で伊藤匠三段がトップ通過をして終わりました。

すでに四段昇段を決めているだけあって、負け数が少なく単独トップというのは、さすがですね!

藤井聡太二冠が四段昇段後に、怒涛の勢いで勝って行った過去があるだけに、同学年の伊藤匠三段にも期待大です!!

リーグでは3敗しています。その相手は??

7勝11敗で終えた三田敏弘三段、10勝8敗で終えた岡部怜央三段、12勝6敗で終えた横山友紀三段でした。

この3名の方々は、次点でもないため、このまま三段を継続する棋士たちでした。

3敗とはいえ、藤井聡太二冠に代わり最年少プロ棋士として注目を浴びる中、「3敗もしてていいんだろうか?」と思いませんか?

ですが、藤井聡太二冠が四段に昇段する前の三段リーグ戦の成績はというと?

結果はこちら…13勝5敗なんです!!

つまり、四段昇段前の三段リーグ戦だけの成績だけを見ると、藤井聡太二冠より、伊藤匠三段の方が優秀な成績でリーグ戦を終えた形になるんですね。


伊藤匠三段につづく棋士たち

今回の三段リーグ戦では、伊藤匠三段のほか、14勝4敗で冨田誠也三段。13勝5敗で古賀悠聖三段が、四段昇段を決めています。

古賀悠聖三段は、リーグ戦2度目の次点だったため、規定により四段昇段となりました。

この13勝5敗という成績は、先述した藤井聡太二冠が三段リーグを行った際の成績と同じです。

対戦相手こそ違いますが、数字が同じなので、何となく期待してしまいます。

そして、残念だったのが、女性初の四段昇段が期待された西山朋佳三段です。

前回のリーグ戦で次点だったため、今回は次点以上の成績で昇段だったのですが、7勝11敗という結果でした。

西山朋佳三段が、四段に昇段すれば、女性初のプロ棋士誕生となるので、きっと大きな話題となることでしょう。次のリーグ戦での活躍を期待します!


ツイッターでの反応は?

藤井聡太二冠に代わり、最年少プロ棋士となる伊藤匠三段の活躍もあり、ますます注目されるようになった将棋界には、ツイッターでも多くのコメントが寄せられています。

などなど、様々なこめんとがありますが、やはり西山朋佳三段の女性初!!を期待する声が多かったようです。


まとめ

毎回、大激戦となる厳しい三段リーグですが、一足早く四段への昇段を決めていた伊藤匠三段が、貫禄のトップ通過で終わりました。

通常2名のみの昇段ですが、今回は古賀悠聖三段が2回目の次点だったため、3名の昇段となり、今後の活躍が楽しみな結果となりました。

古賀悠聖三段は、福岡県出身の元日生まれで、既に引退されていますが、加藤一二三九段と同じ共通点があります。第二の加藤一二三を目指して頑張って欲しいですね!!

タイトルとURLをコピーしました