「TOCOG」新会長就任の橋本聖子のオリンピックでの成績は?

橋本聖子さんが、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)の新会長に決まりましたね!

橋本聖子さんは、冬季オリンピックではスピードスケート選手、夏季オリンピックでは自転車競技選手として出場されました。

そんな橋本聖子さんのオリンピックでの成績はどういったものだったのでしょうか?

新会長になられるくらいですから、かなりの実績を残してあったのは予想できますが、気になりますね。

今回は、橋本聖子さんについて調査しましたので、ご紹介いたします。


橋本聖子さんの冬季オリンピックでの成績は?

初めて冬季オリンピックに出場されたのは、1984年サラエボオリンピックでした。

しかし、8位入賞も叶わず、主だった成績は残せませんでした。

1988年のカルガリーオリンピックでは、出場した全てのスピードスケートで、前回の雪辱を晴らすかのように日本記録を更新し、500m5位、1000m5位、1500m6位、3000m7位、5000m6位の5種目で入賞を果たされました。

私自身、この頃だと、テレビでオリンピックを観戦した記憶が残っているはずなのですが、その活躍ぶりは全く記憶に残ってませんでした。

記憶に残っているのは、やはりメダルを獲得されたアルベールビルオリンピックですね!

そうなんです、1992年のアルベールビルオリンピックでは、5種目に出場し、1500mで3位となり銅メダルを獲得されたんです!

私自身そうなのですが、オリンピックに出場された選手の中で、記憶に残るのは、やはりメダルを獲得された選手ばかりなんですよね…。

日本記録を更新して記録に残っても、人々の記憶にはあまり残らないので、メダルにこだわる選手が多いのも頷けます。

1994年リレハンメルオリンピックでは、3000mで6位、5000mで8位に入賞する成績でしたが、申し訳ないほど、私はよく覚えてません…。

メダル獲得のインパクトは、めちゃくちゃあるんだなと実感してしまいました。


橋本聖子さんの夏季オリンピックでの成績は?

夏季オリンピックへは、1988年のソウルオリンピック出場が初めてでした。

そして同時に、冬・夏の両方のオリンピックに出場という男女通して、史上初の快挙を、関ナツエさんとともに達成されています。

1992年のバルセロナオリンピックでは、3000m女子追抜で11位という結果でした。

しかし、この1992年のオリンピックまでは、冬季と夏季のオリンピックが同じ年に開催されていたためか、橋本聖子さんの場合、冬季オリンピックでの活躍が印象に残り、自転車競技の方の記憶は残ってませんでした。

記憶に残ったのは、冬季と夏季で分けられた後の1996年、アトランタオリンピックの時です。

3000m追抜で12位、2万4000mポイントレースで9位という成績で、「スピードスケートの橋本聖子さんは、自転車競技でも、もうちょっとで入賞できるくらいの力あるって、すごいな~。」という程度の記憶でしたが…。


まとめ

橋本聖子さんの現役時代は、冬季と夏季の二つのオリンピックに出場するという快挙を成し遂げられ、アルベールビルオリンピックでは、3位に輝き銅メダルを獲得されています。

冬季と夏季のオリンピック出場は合計7回にも及び、オリンピック出場日本女子最多記録となっています。

つまり、オリンピックでもメダルを獲得され、男女通して冬と夏のオリンピックともに経験し、最多出場記録も持っている方が橋本聖子さんということです。

まさに東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)の新会長にふさわしい方ですね!!

タイトルとURLをコピーしました